全米販信頼性向上自主行動計画
米穀卸売業者の5つの基本原則
ガイドラインと品質管理

組織活動 コンプライアンスへの取組み

コンプライアンスへの取組・遵守

業界として、食品の安全や品質を確保し、消費者から信頼され続けるよう、傘下組合員に次の「米穀卸売業者の5つの基本原則」に基づいて行動するように指導しています。

【基本原則】

1 消費者基点の明確化

消費者を基点として、消費者に対して安全で信頼される食品を提供することを基本方針とします。

2 コンプライアンス意識の確立

取り巻く社会環境の変化に適切に対応し、法令や社会規範を遵守し、社会理論に沿った企業活動を進めていきます。

3 適切な衛生管理・品質管理の基本

安全で信頼される食品を消費者に提供するために、適切な衛生・品質管理をしていきます。

4 適切な衛生管理・品質管理のための体制整備

適切な衛生・品質管理を行う体制を整備し、それが形骸化しないよう改善を行っていきます。

5 情報の収集・伝達・開示等の取組み

消費者などの信頼や満足感を確保するために、常に誠実で透明性の高い双方向のコミュニケーションを行います。

ページのトップへ戻る