コメ資料室
コメ流通の歴史
コメ流通Q&A
コメレシピ

コメ情報 コメレシピ

働く女性が選んだ定番レシピ

十六穀ごはんの朝がゆ

十六穀ごはんの朝がゆ

低血圧で、胃腸もよわく、朝ごはんがなかなか食べられないう方むけに考えたもの。ほうれん草と雑穀で鉄分補給、大根おろしが消化を助け、しょうが入りのポン酢が食欲を引き立てます。 おかゆまでしなくても、朝の雑穀ごはんはやわらかめに炊くと時間がないときでもすばやく食べられ、腹持ちもよく、すぐエネルギーになって一日を元気にはじめられます!

調理時間: -
エネルギー: -
塩分: -
レシピ提供: (株)はくばく レシピ&ライブラリ

材料(2人分)

  • 十六穀ごはん お茶碗1杯強
  • 鶏ささみ 1本
  • ほうれん草 1束
  • 鶏がらスープの素 小さじ1・1/2
  • 大根 4cm
  • ポン酢 小さじ2
  • おろししょうが 少々
こちらのレシピは2人分の材料になっておりますのでご注意下さい。

作り方

  • 1 鍋に水3カップをいれ、半分に切ったささみをいれ、
    火にかけます。
  • 2 ささみが茹で上がったらとりだします。ゆで汁にごはん、
    鶏がらスープの素をいれます。
  • 3 ほうれん草を細切りし、ささみは細かくほぐし、2に加え、
    ごはんがとろりとするまで煮ます
  • 4 大根はおろして水気を軽くしぼり、ポン酢、おろししょうがを加えてまぜておきます。
  • 5 器におかゆを盛り、大根おろしをのせます。

栄養成分(1人分)

  • エネルギー -
  • たんぱく質 -
  • 脂質 -
  • 炭水化物 -
  • カルシウム -
  • -
  • 食塩 -
  • ビタミンA -
  • ビタミンB1 -
  • ビタミンB2 -
  • ビタミンC -
  • ビタミンE -
  • 食物繊維 -
  • コレステロール -

ページのトップへ戻る